> 今すぐ借入したい

今すぐ借入したい

急ぎでお金が必要となるシチュエーションを考えてみると、
計画を立てていたにもかかわらず、急な出費によって計画通りに
お金を蓄えておけなかったという場合、そして足りなくなった分の補充を
早急にしなければならないというケースが多いのではないかと思います。

例えば、給料日になればお金が入るのだけれど、
それまでの間に必要なお金をすぐになんとかしたい。とか
病気やケガなどの不意な出来事によって、ある程度まとまったお金を
できればいますぐに用立てたいなどといったケースなどが考えられます。

迅速な借入なら消費者金融

今すぐにお金を借り入れたい。という場合に最も迅速な借入が可能なのは、
やはり消費者金融という選択肢になると思います。

消費者金融はその性質上、申し込みから融資までを迅速に行えるように
さまざまなノウハウを蓄積してきました。
というのも、融資のための資金そのものを、
消費者金融自体が銀行から借り入れるという形で用意しているため、
より多くの利用者に対して融資を行い、そこから生み出される利息分によって
経営が成り立っているという背景があるためです。

そのため、回収(返済)できないリスクに対しても寛大であり、
審査に関しても、ある程度ハードルを低く設定しているという特徴があります。

店舗での申し込みはもちろん、無人契約機などでも即日での融資が可能であるほか、
スマホやPCからの申し込みといった方法でも、即日での融資に対応しています。
大手の有名業者の場合であれば、当日の14時までに申し込みを行えば、
その日のうちに指定口座に振り込みという形での融資が可能です。

銀行系の消費者金融

また、ここ数年は銀行自身が消費者金融という貸金業を子会社として運営したり、
資本提携という形で消費者金融という業務に関わっている、
銀行系と呼ばれる消費者金融が増えています。
というよりも、大手の消費者金融のほとんどが何らかの形で、
銀行との関わり合いをもって運営しているといったケースがほとんどといっていいでしょう。

銀行としては、消費者金融のような間口の広い利用者層を必要とし、
消費者金融としては、銀行の安定した資金力を必要とした結果、
いわゆる銀行系の消費者金融が増加した原因だといえるでしょう。

銀行カードローンもおすすめ

今すぐ借入したい時に、銀行は融資までに時間がかかるからと思うかもしれませんが、
最近では 銀行のカードローンでも即日融資に対応している所もあります。
銀行カードローンが利用できるなら金利も消費者金融に比べて少し低めなので、
銀行カードローンを利用した方が得する場合があります。
ですが、もし借入期間が決まっている場合においては無利息期間のある
消費者金融を使う事で実質無利息で借入が可能な場合もあるので、
状況に合わせて決めると良いでしょう。

借入Contents

借入 体験談