> 延滞利息が発生する時の対応

延滞利息が発生する時の対応

消費者金融での借り入れは便利ですが、月々の支払いは色々あるのが普通です。
返済中に、返済を忘れてしまう、または急なトラブルで
返済日にどうしても間に合わないといったケースに見舞われる可能性もあります。

そのような時に、放っておいたり、他で無理な借り入れをして
自分の首を絞めてしまう前に、冷静に状況を判断することが大事です。

消費者金融厳選情報を参考にまず消費者金融の延滞利息について把握しておきましょう。
返済日に返済ができなかった場合、延滞利息がつきます。
通常利息は年利に対する日割りで計算されますが、延滞利息についても同様です。
つまり、延滞利息は一日ごとに加算されます。

すぐに支払い可能なら速やかに

利率は法律に定める上限金利いっぱいの20%で設定されていることが多いです。
20%の利息は高額ですが、数日で返済が間にあうならば、それ程の金額にはなりません。
もし返済日を忘れてしまった場合や、すぐに返済できる予定があるならば、
あわてることはないので速やかに払ってしまいましょう。

問題は返済をする計画が破たんしてしまった場合です。
この場合は、借り入れの利息は増えていく一方です。
延滞利息が付いている分、消費者金融の返済総額は余計に増えていきます。
もし親戚などで遅延分だけでも借り入れの返済分を
要立てしてもらえるならば利用した方が現実的です。
早めに手を打たないと返済額が増えていくからです。

ただし、やってはいけないのは、他の消費者金融やカードローンでの
キャッシングでの行き当たりばったりの返済です。
一度これをやってしまうと、返済額はどんどん増えていってしまいます。

金利が安くなる借り換えなら

とはいえ、借り換えがいけないというわけではありません。
むしろ借り換えで金利が安くなる可能性があるので、
できるのであれば借り換えを検討すべきです。

というよりも、金利が安くならないのであれば借り換えをしたとしても、
上記でいう行き当たりばったりの返済となんら変りません。
そもそも返済計画が破綻してしまった場合だと、借り換えたところで
新たに返済計画を立てられる望みも薄い場合がほとんどでしょう。

借り換えをするなら金利が安くなることで、新たな返済計画を立てられるぐらいに、
安い金利での融資を受けられるということが必須条件となってきます。

当然借り換えにも審査はあります。
審査は延滞などがある場合には通りにくくなってしまいます。
つまり、もしも借り換えを検討するならば、延滞が続き身動きが取れなくなってしまう前、
できれば延滞がまだ出ていないうちに先手を打つことが大事です。

借入Contents

借入 体験談